この曲の表示回数 3,359
歌手:

川村結花


作詞:

川村結花


作曲:

川村結花


すべてを知ろうとし始めてから なんかどっか変になって来てるのかな
ふりかざすための能書きさえも もうどこにも見当たらない

特殊ガラスの向こう側には あきらめきれない人で溢れてる
与えられない悲しみなんて過去形の世の中らしい

今日も明日も未来も 還りゆく命も産声も
時がこの手に委ね始めてる 愛という名のもとに

そしてわたしもいつの日にか あなたを失う時が来たら
しなやかなその髪を集めて 白いドアを叩くでしょう
白いドアを叩くでしょう

どこかへ行こうとしはじめてから もうどれくらい歩いてきたんだろう
小さな箱と写真の笑顔を もうどれくらい見送ったんだろう

是も非も何も明かされないまま 奇妙な羊のニュースは流れ
愛しいものの記憶は今や 閉ざされたカタログの中

今日も明日も未来も 還りゆく命も産声も
時がこの手に委ねはじめてる 愛という名のもとに

そしてわたしもいつの日にか あなたを失う時が来たら
冷たくなった肌を切り取って 白いドアを叩くでしょう
愛という名のもとに
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:1999 歌手:川村結花

川村結花の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2000/04/19
商品番号:ESCB-2124
エピックレコードジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP