雪の進軍

この曲の表示回数 18,269
歌手:

藤山一郎


作詞:

永井建子


作曲:

永井建子


雪の進軍氷を踏んで
どこが河やら道さえ知れず
馬は斃(たお)れる捨ててもおけず
ここは何処ぞ皆敵の国
ままよ大胆一服やれば
頼みすくなや煙草が二本

焼かぬ乾物に半煮え飯に
なまじ生命のある其のうちは
こらえ切れない寒さの焚火
煙いはずだよ生木が燻(いぶ)る
渋い顔して功名談(こうみようばなし)
すいというのは梅干一つ

着のみ着のまま気楽なふしど
背のう枕に外套かぶりゃ
背の温みで雪解けかかる
夜具の黍殻(きびがら)しっぽり濡れて
結びかねたる露営の夢を
月は冷たく顔覗きこむ

命捧げて出てきた身ゆえ
死ぬる覚悟で突喊(とっかん)すれど
武運拙く討死せねば
義理にからめた恤兵真綿(じっぺいまわた)
そろりそろりと頸締めかかる
どうせ生きては還らぬつもり
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:雪の進軍 歌手:藤山一郎

藤山一郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011/07/13
商品番号:VZCG-8476
日本伝統文化振興財団

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP