泳ぐひと

この曲の表示回数 2,762
歌手:

鷲尾いさ子


作詞:

三浦徳子


作曲:

山口美央子


愛はどの位 待てばいいのでしょ…
砂と岩 混じる丘の上から
泳ぐあの人を見ていた真夏が
蜃気楼のように 揺れているの

濡れて光る 巻き毛の首すじ
この指先 のばしたかった

ふいに消えた 夢の続き Ah. Ah.
誰に言えば 見せてくれるの

今は カルナバル 終わったむなしさ
本当の恋なら
2度と こない…

くちづけだけ 交わした彼と
ひと夜さえも すごせずに ただ…

ふいに消えた 夢の続き Ah. Ah.
誰に言えば 見せてくれるの

今は カルナバル 終わったむなしさ
あの夏の恋は
2度と こない…
2度と こない…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:泳ぐひと 歌手:鷲尾いさ子

鷲尾いさ子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1991-10-25
商品番号:SRCL-2187
ソニー・ミュージックレコーズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP