隙間

乃木坂46

隙間

作詞:秋元康
作曲:Akira Sunset・Carlos K.
発売日:2015/10/28
この曲の表示回数:93,955回

隙間
都会の灯りって一斉に点くんだね
時間通りがなぜか息苦しくなる
徐々に夜になれば 心も慣れて来るのに
今日の終わり方 準備できないやしないよ

道を歩いて
自分が取り残されそうで
今 誰かと会いたくて
スマホばかり見てる

隙間を大事にして
ゆっくり生きて行きたい
一日のその意味合いを
確かめて前に進む
時計の針と違う
感情が移ろい行く
流れを眺めていたい
人生は そんな急ぐものじゃないんだね

何かが変わるっていつだって不安だよ
できることなら ずっと同じがいいのに…
子供の頃には遊んで帰って来ても
路地裏から ぽつぽつ灯りは点いた

だから僕らは
夕焼けを覚えているんだ
そう 一人でいることも
寂しくはなかった

隙間がもっと欲しい
あんまり器用じゃないよ
慌ただしく過ぎ去ったら
見失ってしまうだろう
見えないその糊代(のりしろ)
人間は成長する
まわりを見回しながら
青春をスローモーションで楽しみたい

WOW WOW
WOW WOW
WOW WOW
WOW WOW

いつしか降って来た
数多(あまた)の星たちも
それぞれの光り方で地上照らす
自分のペースでいい
歩いて行こう

隙間を大事にして
ゆっくり生きて行きたい
一日のその意味合いを
確かめて前に進む
時計の針と違う
感情が移ろい行く
流れを眺めていたい
人生は そんな急ぐものじゃないんだね

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません