冬のゴスペル

この曲の表示回数 1,385
歌手:

須藤薫


作詞:

小西康陽


作曲:

篠原太郎


悲しみの鐘が聴こえるの
冬の空の遠く彼方から
さよならをうまく言えなくて
ふたり冬の風に吹かれてる

瞳を閉じて
夢を見るように
瞳を閉じて
祈り捧ぐように
愛がいま終わり告げるから

もう二度と
誰かを愛して
泣くことはないと誓った
十二月の午後

悲しみは薄墨色した
冬の空に滲んで流れる
なつかしい夏の日過ごした街も
いまは 眠っているだけ

瞳を閉じて
子供たちのように
瞳を閉じて
恋人のように
時がいま終わり告げるから

もう二度と
誰かを愛して
泣くことはないと誓った
十二月の午後

奇蹟が起こる前兆
不意に光が差し込む
神様が本当にいるのなら
いますぐにこの愛を甦えらせて

瞳を閉じて
悲しすぎるから
瞳を閉じて
微笑みを見せて
愛にいま別れ告げるから

もう二度と
誰かを愛して
泣くことはないと誓った
十二月の午後

さよならは
もう言わないから
泣きながら
耳を塞いだ
悲しみの鐘に
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:冬のゴスペル 歌手:須藤薫

須藤薫の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1989-11-21
商品番号:32HD-7027
ハミングバード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP