海の見える坂道

この曲の表示回数 4,165
歌手:

doriko feat. 初音ミク


作詞:

doriko


作曲:

doriko


どうして誰より近くにいるのに何もかもが分からない
覗いた君の顔が見えない
寄せて返す波のような距離をその手と手は繰り返す
揺らめくような微熱の中にいた

海へ続く長い長い坂道は 邪魔なものをくり抜いたみたいで
押して歩くばかりの自転車も その時だけ自分を思い出す

君の後ろに座る度
背中にもたれた耳に
聞こえた切ない音

こうして誰より近くにいるからその心を分かりたい
聞こえる鼓動の意味を知りたい
腕を広げてみたら飛べそうな青と白の空の下
時を止めた写真の中にいた

海へ落ちる赤い赤い夕日に 町も人も色を変えていく
いつも下るばかりの坂道を 登ったのは何のためだったか

迫る日暮れに伸びた影 重なれば一つになった
まるで一人しかいないように

大粒の雨が零れて曇り始めた視界
好きな景色が見えない
どこまでも続いてくような気がしていたのは何故
眩しすぎた道の先

君と二人で眺めていたから何もかもが輝いて
それを消さないようにと誓った
たとえ誰より遠くへ行こうとも少しだって忘れない
いつまでもここにある約束

腕を広げてみたら飛べそうな青と白の空の下
隣にはいつだって君がいた
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:海の見える坂道 歌手:doriko feat. 初音ミク

doriko feat. 初音ミクの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015/09/02
商品番号:JBCZ-9018
ビーイング

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP