きのうとは大違い

この曲の表示回数 1,534
歌手:

西田ひかる


作詞:

遠藤京子


作曲:

遠藤京子


プラスティックの心と身体
少しずつとける
キスをしたとこ 手の平あたり
いい匂いがする

机の上の作文では 感じたことのない世界
きっと あなたに出会った日から 何かが変わった

翼がはえたよ背中から なんて暖かい
大空はあんまり遠くて 届かないものと
わかったよな顔してた きのうとは大違いね

笑わせないで お腹が痛い
涙がこぼれる
満足なんて あなたといれば
すごく簡単ね

月夜の晩は まるで二人 遊びざかりの子供だわ
もっと 必要だからお互い これから一緒に

翼がはえたよ背中から ほら見えるでしょう
軽いジョークをとばしながら 愛し合いながら
自由をただ待っていた きのうとは大違いね
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:きのうとは大違い 歌手:西田ひかる

西田ひかるの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-07-03
商品番号:PCZA-2
ポニーキャニオン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP