ボレロ (Translucent Flamenco Mix)

この曲の表示回数 2,597

まるで病 もう神も仏もない
紛れもなく これが恋って言うもんです
心なんてもんの実体は 知らんけど
身体中が君を 求めてんだよ

君しかいない 君こそ未来
言葉は皆 空虚 宙に舞うんです
悩める世界全体の一大事も
無関心でいられちゃう この想いを
知って ねぇ 知って

いつだって年中無休で 君を愛してゆく
七転八倒の人生も 笑い飛ばしてゆく
感情をむき出しにして
朝から晩まで 裸のまんまで 暮らしたい

今度こそ本物なんだって 君が言うのなら
小便臭い十代の恋を 笑い飛ばしてくれ
本能のまんま自由にして
夜のベランダで 裸のまんまで 暮らしたい
ひるむ事のない 想いは明日へと
続いてく
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ボレロ (Translucent Flamenco Mix) 歌手:おおたか静流

おおたか静流の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998/03/04
商品番号:KICS-672
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP