ラプラタの月

この曲の表示回数 3,745

冬浅き故郷の 故郷の島を離れて
雪深きこの町で 授かりし小さな命

この部屋に ああ この腕に
遠き故郷の夏が来る

ラプラタに昇る月 黄色い月に頬染めて
泣き疲れ眠るまで 島の唄でも歌おうや

風が凍るこの町に この街に別れを告げて
でいごが咲くあの島へ あの島へ旅立つおまえ

辛くとも 寂しかろうと
他人の心に咲く花となれ

ラブラタに昇る月 見上げるたびに思い出す
同じ月を見ていたら 島の唄でも歌おうや

辛くとも 寂しかろうと
他人の心に咲く花となれ

ラブラタに昇る月 見上げるたびに思い出す
同じ月を見ていたら 島の唄でも歌おうや
同じ月を見ていたら 島の唄でも歌おうや
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ラプラタの月 歌手:大城クラウディア

大城クラウディアの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009/07/22
商品番号:VFCV-48
FIVE D plus

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP