背中に向けてひとりごと

この曲の表示回数 3,484

春を忘れず 花が咲き
夏に吹かれて 祭りの灯
ありふれた城下町
ここが ふるさと
出て行く お前を止めはしない
背中に向けて ひとり言
たとえお前が ふるさとを捨てても
ふるさとはお前は捨てはしない

秋はもみじで 燃える山
冬がすべてを 眠らせる
ありふれた北のまち
ここが ふるさと
出て行くお前を止めはしない
背中に向けて ひとり言

たとえお前が ふるさとを忘れても
ふるさとは お前を忘れはしない
たとえお前が ふるさとを忘れても
ふるさとは お前を忘れはしない

出て行くお前を 止めはしない
背中に向けて ひとり言
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:背中に向けてひとりごと 歌手:伊奈かっぺい

伊奈かっぺいの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998/04/21
商品番号:COCA-15000
日本コロムビア

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP