神田小唄

この曲の表示回数 5,157
歌手:

二村定一


作詞:

時雨音羽


作曲:

佐々紅華


肩で風切る学生さんに
ジャズが音頭とる神田神田神田
屋(や)並み屋並みに金文字かざり
本にいわせる神田神田神田

靴は流れる朴歯(ほおば)はひびく
街はあかるい財布は軽い
思い切るよにニコライ堂の
鐘が鳴る鳴る神田神田神田

ジャズは流れるレコードはまわる
赤い燈(ほ)かげにゃボタンが光る
白い蝶々かエプロンさんか
下駄が音頭とる神田神田神田

ひとりわかれて口笛ふけば
聖橋(ひじりばし)さえおぼろに霞む
今日もゆうべもニコライ堂の
鐘が鳴る鳴る神田神田神田
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:神田小唄 歌手:二村定一

二村定一の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999-01-21
商品番号:VICL-60327
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP