眠り姫

この曲の表示回数 3,454
歌手:

大江千里


作詞:

大江千里


作曲:

大江千里


瞳を凝らして 焚き火の火を見つめてる
水面にひろがる 小石の輪をかぞえてる

きみが僕の隣に来て やさしく微笑んでくれる
月が照らすその指先 僕は静かに重ねてく

遠くのキャンプで 誰かの声聞こえてる
梢を揺らして 冷たい風降りてくる

きみが何か言おうとして 言葉を飲み込んだわけ
きみがまぶたを閉じるまで 僕は聞かずに傍にいる

心の深い湖の底に 沈んだ悲しみ
きっと僕らは輝きに 出来る時が来ると思う

きみが僕の隣にいて 肩にそっと頬をのせる
月が照らすその唇 僕は静かにキスをする
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:眠り姫 歌手:大江千里

大江千里の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2001-09-05
商品番号:OECS-2004
Station Kids Records

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP