冬の魔女の消息

この曲の表示回数 2,470

絶えず続く雪の中 音もない森に独り
その身に宿る蒼い温度は 自ら凍てつく悲鳴

迷子 抱き上げる腕
熱 …温もり
偽りの日々でも続くなら そばにいてと

なのに
独りよりもこの胸は痛みを
増していくの

それなら、気付いて
こんな 私に気付いて

別れはそう 突然に
あなたの背を見送って

ただ 一つ出来ること
雪のように消えるだけ

二度と触れ得ぬその肌の温度と
引き換えに私の胸には
紅が宿るの

やがて春が訪れるこの森でも
あなたは 思い出してくれる?

孤独な冬の魔女の行方を
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:冬の魔女の消息 歌手:感傷ベクトル

感傷ベクトルの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015-07-01
商品番号:VICL-64358
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP