試聴する

寝台列車

この曲の表示回数 5,190
歌手:

新沼謙治


作詞:

山上路夫


作曲:

平尾昌晃


眠れないのか 下のベッドの
君のため息 聞こえてくるよ
無理もないのさ 寝台列車で
僕のふるさとへ 君をつれてゆく
愛を信じて 生きてゆこうよ
どんな時でも これからは
明日になったら 瀬戸内の海が
ぼくら二人を 迎えてくれるよ

何も心配 せずにお休み
きっとおふくろ 気に入るだろう
ぼくもかれこれ 三年ぶりだよ
ここで育ったと 君に見せたいよ
海をながめて 愛を夢見た
そんなことさえ 思い出す
いつも話した 瀬戸内の海が
ぼくら二人を 迎えてくれるよ

古い家並 白い砂浜
燃える夕陽が きれいだよ
明日になったら 瀬戸内の海が
ぼくら二人を 迎えてくれるよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:寝台列車 歌手:新沼謙治

新沼謙治の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015-06-03
商品番号:COCP-30414
ユニバーサル ミュージック

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP