百夜月

この曲の表示回数 55,330
歌手:

小田純平


作詞:

伊藤美和


作曲:

小田純平


他人(ひと)目を避ける 恋をして
闇夜を待って 愛に行く
これが運命(さだめ)か ふたりの罪か
月が邪魔する 道行(ゆきみち)を…
百夜(ひゃくや)通(かよ)って 渡れぬ川は
浮世の川か 浮世の川か 百夜月(ももよづき)

夢でもなぜか 逢えなくて
想いは募る 一夜(いちや)ごと
たったひとりの 愛する人を
月よ映して 今宵だけ…
百夜通って あきらめきれぬ
未練の色か 未練の色か 百夜月

涙で漉(す)いた 便箋に
闇夜の墨で 書く手紙
きつく結んだ ふたりの命
月もわかって くれるでしょう…
百夜通って 渡れぬ川は
縁(えにし)の川か 縁の川か 百夜月
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:百夜月 歌手:小田純平

小田純平の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015-06-03
商品番号:CRCN-1880
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP