北緯四十三度のバラード

この曲の表示回数 3,546

東 黒ずむ島影 国後
北緯四十三度の望郷が
風に舞ふ
幾度か春は廻れど
母の匂ひの浜荷子は未だ
流氷が白夜に語る
さいはての海

霧笛さびてくずれた小舟
北緯四十三度の挽歌が
波に散る
故郷を追はれ追はれし
海の男の慟哭は今
未練が未練に氷る
さいはての海

この空の続く限り
この命燃ゆる限り……

「遥かなる千鳥の灯」
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:北緯四十三度のバラード 歌手:アイ・ジョージ

アイ・ジョージの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP