飾りすぎていた

この曲の表示回数 8,007
歌手:

odol


作詞:

ミゾベリョウ


作曲:

森山公稀・井上拓哉


街はあの場所を隠して 回るものだと籠の鳥は言う
去年の八月の空の青さが 忘れられないのも
わかる気がするような

この夜が終わる頃に見えなくなって
間違いもわかりはしないだろう?
夏も終わってく

花は咲く場所を選んで
散りゆくことには その目を背けた
白い紫陽花はそこにあったと
思い出せないまま 七月になった

落ちてゆく 飾りすぎていた
それは姿を隠すように

聞こえなくなるのは
君のその声だ

街並みが終わる場所で ただ見えなくなって
間違いも わかりはしないだろう?

「今日が最後」と
思い出せずに眠るのも
君のせいだろう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:飾りすぎていた 歌手:odol

odolの新着情報

  • 光の中へ / ♪空気が冷たくなりはじめている
  • 人の海で / ♪夜は夜で昼間よりも安く
  • 発熱 / ♪薬が効いてまぶたが
  • 憧れ / ♪人間じゃないのかはたまた
  •  / ♪今日も僕は歌おうとするけれど

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015-05-20
商品番号:UKCD-1153
UK.PROJECT

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP