試聴する

海と空の夢

この曲の表示回数 4,081
歌手:

池田綾子


作詞:

池田綾子


作曲:

池田綾子


静かな海の底で 夢をみる地上の空
触れあう その温度を いつの日か感じたい

泡になって 昇ればいい
例え全てを失っても構わない

碧い海を見ていた 夢をみる海の中
憎しみのない世界 いつの日か感じたい

石になって 沈めばいい
例え全てを失っても構わない

無い上がる光る泡の群れ 沈む石
二つすれ違う夢 見ていた夜

眠る私 うつろな影
分かってるんだ 夢は醒めて朝がくる

光に 幻に変わる 甘い 余韻
今日がまた始まる この場所で

身体に微かに残ってる 水の音
今日がまた始まる 朝を連れて

満ちてく 三日月のように 眼を開けて
そして 朝に消えていく この場所で
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:海と空の夢 歌手:池田綾子

池田綾子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002-10-09
商品番号:UPCH-1179
ユニバーサルJ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP