我楽多

この曲の表示回数 1,551

我楽多(オモチャ)の箱 倒した時
君は何かを 思い出す
抱き締めたい 息が出来ぬ程
君の笑顔が戻るまで

小さな頃 僕達にも見えてたんだ
我楽多(がらくた)箱 引っ繰り返し
溢れる夢を遊びが
君は今 フト 忘れかけてる

ドアの鍵穴に 背が届いた冬
向側(むこう)を 覗いた心を

我楽多(オモチャ)の箱 倒した時
君は何かを 思い出す
抱き締めたい 息が出来ぬ程
君の笑顔が戻るまで

大人になり 明日のことまで 見えすぎるよね
瞬きばかり 繰り返し
零れる汗と涙に
君は今 フト 問いかけている

愛の深さに 背が届いた冬
向側(むこう)を 覗いた空しさは…

我楽多(オモチャ)の箱 倒した時
君は何かを 思い出す
抱き締めたい 息が出来ぬ程
君の笑顔が戻るまで
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:我楽多 歌手:柳葉敏郎

柳葉敏郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994-01-25
商品番号:AMCM-4184
イーストウエスト・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP