時のアルペジオ

この曲の表示回数 4,394
歌手:

未来-MIKU-


作詞:

H.U.B.


作曲:

大野宏明


海に架かる虹を
あなたは憶えていますか

雨上がりの公園の隅で
咲いてた向日葵 空に恋した

それから僕らの手は 繋がれて夕陽のように
せつなくて やさしくて 初めてのキスをした
誰もいないこの道 先にある蜃気楼は
どこまでも 揺らめいた未来
映し続けてた

秋の風の色を
いつでも忘れないでしょう

帰り道でケンカした夜に
見上げた秋桜 星に泣いてた

あれから僕らはまだ 生きるという 問いかけに
目的も見いだせず でも何か探してる
夏休みがいつかは 終わるから美しいと
知ったのは あの頃が遠く
過ぎてからのこと

振り向いた街角 また会える日を
この場所で 僕らを待ってて uh-

これから僕らが行く 誰もいないこの道は
いくつもの暗闇を 通り抜けるのだろう
あの時に僕がいて あなたと過ごした日々の
ありふれたしあわせが
いつだって僕らを支える
いつまでも いつまでもきっと
忘れないでしょう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:時のアルペジオ 歌手:未来-MIKU-

未来-MIKU-の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-08-27
商品番号:MUCD-1090
Dreamusic

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP