私のかなしみ

この曲の表示回数 6,024
歌手:

小林麻美


作詞:

安井かずみ


作曲:

筒美京平


勿論 いきなり行ったのです
小雨に シャツまで 濡れたけど
ドアのベルを 押しました
別れから 日がたつにつれて
わたしは あなたに
抱かれる夢みるばかり
ともかく 自分を いじめるように
ムダだと知りつつ ひと目だけでも

勿論 始めてだったのです
一から十まで教えられ
女ひとり 作られた
叱られて やさしくされて
わたしは 何でも
云われた通り 暮らした
ともかく 体を いじめるように
慣れないお酒も おぼえた この頃

勿論 当然だったのです
「帰れ」と云われて 立ちすくむ
傘をかして くれました
部屋からは レコードきこえて
誰れかの 気配に
胸がしめつけられた
ともかく 心を いじめるように
あなたの名前を も一度 呼んだの
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:私のかなしみ 歌手:小林麻美

小林麻美の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1992-08-26
商品番号:TOCT-6655
EMIミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP