等価な世界

この曲の表示回数 12,851
歌手:

Goodbye holiday


作詞:

児玉一真


作曲:

児玉一真


悲しみの分だけ喜びがあると
期待している訳じゃないけど
思い切り泣いたら
思い切り笑えるかな

でも泣くことさえ忘れていたんだ

気付けば傷付くことを恐れて
裸の想い押し殺した
臆病でちっぽけなこの心は
さざなみさえ立てるのを止めて

笑いたいから泣くことだって
必要なことで
泣きたい時は堪えなくていいんだよ
目が眩んでも頭痛がしても
それが証拠なんだよ
僕等は生きている

想いを伝えることは難しくて
苦し紛れに心ない言葉で
大切な人さえも傷付けてしまう
そんな自分をいつか嫌うようになっていた

一人で閉じこもり
心には深い闇が掛かって行く
だけどね
自分で作ったんだから
自分次第で消せるはずさ

笑いたいから泣くことだって
必要なことで
絡んだままの心を解けばいい
涙が君の心を纏う闇を流したなら
何かがきっと見える

悲しみの分だけ喜びがあって
等価な世界だとして
それ以上には求めはしないけれど
でも少しだけ
ほんの少しだけ
喜びが多くあると信じているんだ

笑いたいから泣くことだって
必要なことで
泣きたい時は堪えなくていいんだよ
君が笑って
僕が笑って
世界が笑っていく
笑顔が連鎖していく
僕等は生きている
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:等価な世界 歌手:Goodbye holiday

Goodbye holidayの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2013/01/23
商品番号:NBDL-3
No Big Deal Records

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP