試聴する

ガソリンの虹

この曲の表示回数 3,253
歌手:

Goodbye holiday


作詞:

児玉一真


作曲:

児玉一真


さっきまでの雨は止んで
子供らがはしゃぎながらかけて行く
雲の隙間から零れた陽射しが眩しくて
僕は俯いていた

歳重ねるほど
顔にも心にも皺が増えたみたいだ
人の目ばかり気になって
何もかもが面倒になっていた

週末の飲み会も
あの子と交わした約束も

心の拠り所を求めても
何処にも見つからなくて
ひとり不安で
携帯とにらめっこ
SNS漁っては
余計に落ち込んだりしてる

偶然 久しぶりに会った友人に
「負のオーラが出てるよ」なんて言われて
「最近ちょっと忙しくて」なんて誤魔化して
こそこそとその場を後にした

僕は自分で思っていたより
弱い人間だったんだって
なんか惨めでさ
情け無いよな
もう上手く笑えなくて

晴れた空にかかる虹のように
美しく生きて行けやしなくて
水たまりで漂う
虹色のガソリンのようさ
たとえ まがい物と言われても
ありのままでいたいよ

僕は僕と生きて行く

さっきまでの雨は止んで
子供らがはしゃぎながらかけて行く
雲の隙間から零れた陽射しに手をかざして
まだ歩けそうだ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ガソリンの虹 歌手:Goodbye holiday

Goodbye holidayの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018/01/24
商品番号:AVCD-93799
avex trax

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP