この曲の表示回数 2,413
歌手:

美輪明宏


作詞:

武島羽衣


作曲:

滝廉太郎


春のうららの 隅田(すみだ)川
のぼりくだりの 船人(ふなびと)が
櫂(かい)のしずくも 花と散る
眺(まが)めを何に 喩(たと)うべき

見ずやあけぼの 露浴(あ)びて
われにもの言う 桜木を
見ずや夕ぐれ 手をのべて
われさしまねく 青柳を

錦織(お)りなす 長堤(ちょうてい)に
暮るればのぼる おぼろ月
げに一刻も 千金の
眺めを何に 喩うべき
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:花 歌手:美輪明宏

美輪明宏の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006-11-08
商品番号:KICS-1276
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP