ひとつのキャラバン

この曲の表示回数 1,993
歌手:

山下久美子


作詞:

山下久美子


作曲:

井上ヨシマサ


彼女たちはしあわせを生きている
幼い頃のままの瞳で笑いながら

彼女たちはしあわせを生きている
エプロンをして花のように笑いながら

遠い旅をしてきたようにあふれる
いろいろな気持ちあふれだしてしまう

たったひとつのキャラバンが終わるまで
シャンパンをあける前の感覚で

悲しくて胸に穴があいたようになったり
嬉しくて頬が赤く染まるようになったり

そうしてどんどん澄んだ魂になって
愛する人まで命の全てをかけていくのよ

たったひとつのキャラバンが終わるまで
シャンパンをあけるような感覚で

彼女たちはしあわせを生きている
幼い頃のままの瞳で笑いながら
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ひとつのキャラバン 歌手:山下久美子

山下久美子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-07-28
商品番号:TOCT-25426
EMIミュージック・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP