炎の舞

この曲の表示回数 7,365
歌手:

中山美穂


作詞:

松本隆


作曲:

筒美京平


赤、青、紫、山吹色
絹の糸、琴の絃(いと)、夢の繭(まゆ)

手が切れそうな若葉の緑
陽射し映して乱反射
あなたは少しはにかんだ眼で
晴れ着の私ぼんやり見てる

娘、生娘、十七の春
火のない炎が心で舞っている
うす目、切れ長、十七の紅
気のある素振りを心で待っている

何も知らない私の耳に
生きてる意味を吹き込んで
まだ新しい畳(たたみ)の青を
人さし指の爪で千切った

娘、生娘、十七の春
火のない炎が心で舞っている
うす目、切れ長、十七の紅
気のある素振りを心で待っている
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:炎の舞 歌手:中山美穂

中山美穂の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1992/11/21
商品番号:KICS-266
キングレコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP