春の覚書

この曲の表示回数 7,278
歌手:

藍坊主


作詞:

佐々木健太


作曲:

佐々木健太


境界線の向こう 鳥の涙が 生きとし生けるもの全てに とけ込んだ
海岸線は今日も 泡にまみれて そう バクテリアの夜に

注ぎ込んだ春風が きっとすべてを戻すでしょう
注ぎ込まれたその春は いつか私を作るでしょう

完成品になった人工知能が現れたら 僕は僕は何を たずねよう

空の色 春のさえずり 時計の針の向き
憎しみと愛しさの間 膨らんだこの鼓動

発狂してる ゆれるゆれる肩を 配送しろよ ゆれるゆれる空へ
変装してる 固い固い水に 賛成してる おれはおれは馬鹿だ

注ぎ込んだ春風が きっとすべてを戻すでしょう
注ぎ込まれたその春は いつか私を作るでしょう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:春の覚書 歌手:藍坊主

藍坊主の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2014-12-10
商品番号:TFCC-86496
トイズファクトリー

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP