らせんの物語

この曲の表示回数 2,792
歌手:

朝日美穂


作詞:

朝日美穂


作曲:

朝日美穂


月はいよいよ満ちて やわらかな船を降り
出づる場所は 光ある世界
いにしへから継がれる 二重らせんの鎖に
込められた 変わらぬ物語

豊かな 実りを その子に与えよ
雨も 燃える火も 大きく育つように
生けるもの 抱える 哀しみ 返す返す
花も 人も 色は匂へど散りぬるを

どうかこの胸の痛みを永久に消して
大地よ 私の幸の犠牲になれ

その願いは
あまりに盲目な我身への愛となれば
自らに崩れて
そこここに見え隠れ 宇宙の紡ぐメロディは
いつしかの 母の海と似て
寛大さも酷さも内に秘める命を
慰めあい 果てるまで生きよと
いにしへから継がれる 二重らせんの鎖に
込められた 変わらぬ物語
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:らせんの物語 歌手:朝日美穂

朝日美穂の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1997-07-21
商品番号:SRCL-4026
ソニー・ミュージックレコーズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP