試聴する

Accepted Blood

この曲の表示回数 5,762
歌手:

MIKOTO


作詞:

岩崎大介


作曲:

MIKOTO


Nothing feels Like You 時はある種、残酷で 重ねるごとに、渇いてく
先(さき)んじて喪(うしな)ってばかりだ
この大罪(つみ)が、いつ溶けるのかなんて
NobodyKnows Time is just passing by……愛は、無常さ

古びたケージ檻の中にいる 自分自身を睨(にら)むのを
止めたとしても、どこかアイマイな罅(ひび)?

上手く微笑(わら)えないから (ねぇ)
いつでも研ぎ澄ましたナイフで 胸を抉るんだよね
そんなの、わかってるけど
あゝ この『遣る瀬無さ』に 石を投げないで

もう、笑って──………

I'll never forget you 永遠の果てが、あるとするなら
飛翔(とび)たつふたり、そこに向かおう The sky is the limit
あの日の月を越えて 発見(み)つけるよ
いつも、求めてたものは たったヒトツ………

(変わらぬ) 君だから

(変わらぬ) 君だから
(そこにいる) 君と─────────……拡散(ひろ)げるBlood

Do not commit oneself 酷く、笑った物語は
捲(めく)るたびに、 哀しくて 何処までも、終わらないね
あの雪が、降り止まないままなら
Ain't it too too bad about us……瞼(まぶた)、閉じるよ

壊れた誓約(ギアス)に縛られて 誰か、憎んで 進んでも
耐えきれなくて、いつも疵付いたHeart

深く、掘り下げてもさ (もぅ)
何にも、響かないよEverynight 頭、割れそうなCry
いつかの、約束すらも
あゝ この狂おしさに 支配されていく

もう、いいかい──………?

I'll never forget you 永遠の果てが、あるとするなら
飛翔(とび)たつふたり、そこに向かおう The sky is the limit

I'll never forget you , Look what you've done to me,
Never alone...I'm Accepted

I'll never forget you 永遠の果てがあるとするなら
飛翔(とび)たつふたり、そこに向かおう The sky is the limit
あの日の月を越えて 発見(み)つけるよ
いつも、求めてたものは たったヒトツ………

(変わらぬ) 君だから

(変わらぬ) 君だから

(そこにいる) 君と─────────……継承(つ)いでくBlood
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Accepted Blood 歌手:MIKOTO

MIKOTOの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2014-11-26
商品番号:FVCG-1320
メディアファクトリー

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP