試聴する

暁のカルマ

この曲の表示回数 3,138
歌手:

MIKOTO


作詞:

Daisuke Iwasaki


作曲:

MIKOTO


常に隣り合わせの確信 何度だって死ねた 月の残光(ひかり)に怯えたまま
もし『後退』が許されるなら、僕は上手く笑えたのだろうか?

誰かの(傷に)為に(縋り) 決して、奪いたくはない
たった(灯る)ひとつ(愛が)
震えた手の為にあると仮定してmore than,Drive─────………!!!!

もう一度、この命を失ったとして 未(いま)だ見えぬ世界で
貫くべき魂(もの)があるとするならば、紅-KURENAI-
狂った鼓動の中で、どうしょうもない業(カルマ)と紐付いた 君への想い
赤い(赤い)日々よ、終われ─────────────………

喉を焼き尽くすほど幾世 祈りならば尽きて夜の風雪(ふぶき)に隠れていた
今、『独白』を求められても、口を閉ざし、姿を消したくて

秘かに(胸に)証す(遺し) 罪を、禊ぐ為の日々
そっと(咲いた)笑顔(信じ)
優しい目の裏に秘めた真実を、more than, Fate─────………!!!!

その涙、胸を撃てば甦る鼓動 沈みかけた暁(あかつき)
託せるべき運命(あい)の行先は君だ、紅-KURENAI-
祈った軌跡の果てに、黒に染まる業(カルマ)を抱き締めて 駆け抜けてく
昏い(昏い)影を、越えて─────────────………

もう一度、この願いが掻き消されて、赦されない宿命(うんめい)
愛すべき人は「目の前」にいると、信じた

この命を失ったとして 未(いま)だ見えぬ世界で
貫くべき魂(もの)があるとするならば、紅-KURENAI-
狂った鼓動の中で、どうしょうもない業(カルマ)と紐付いた 君への想い
赤い(赤い)日々よ、終われ

赤い(赤い)日々よ、終われ─────────────………
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:暁のカルマ 歌手:MIKOTO

MIKOTOの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-11-16
商品番号:REC-646
Rejet株式会社

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP