ひとり

この曲の表示回数 3,184
歌手:

反町隆史


作詞:

反町隆史


作曲:

都志見隆


一人きりさ…
お前が 黙って 出て行くまでは
こうなると 思ってもなかった

テーブルには 最後の手紙
捨てることも出来ないままに
数少ない 写真を
そこに かさねてたよ

もう一度 あのドアを
合鍵で そっと 開いてくれ

電話が鳴るたびに いつだって
お前じゃないかと… ああ

さよならを言ってくれ
思い出にも出来やしないから

長い夜さ‥‥
あれから 毎晩 自由ってやつが
不自由で 退屈に生きてる

書きかけの詩 贈った指輪
二人聴いたバラードの唄…
無駄になった すべてに
今も 埋もれてるよ

なつかしい 面影を
無意識に いつも 探している

ざわめく街角で よく似てる
背中を追いかけ… ああ

さよならを言ってくれ
切なすぎる冬が来る前に

もう一度 あのドアを
合鍵で そっと 開いてくれ

電話が鳴るたびに いつだって
お前じゃないかと… ああ

さよならを言ってくれ
思い出にも出来やしないから

さよならを言ってくれ
思い出にも出来やしないから
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ひとり 歌手:反町隆史

反町隆史の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1997-09-10
商品番号:PHCL-5069
マーキュリー・ミュージックエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP