試聴する

ワンダーアラウンド

この曲の表示回数 2,251
歌手:

鈴湯


作詞:

鈴湯


作曲:

樫原伸彦


流れる時と戻る思い出が
僕を置いてまわりまわる

動けないまま 立ち尽くすだけ
覆われたように視界は閉ざされ
手の中にある白百合の花
儚さにただ苛立ちを覚える

何もできなかったのは
何もせず止まったから

可能性は夢 後悔を映す
種を蒔いたはずの蜃気楼 信じない
あの頃にまた戻れるのならば
君の頬に手をかけるだろう

今泣いてるの? 分からない程
かすれた声が 僕の首を絞める

いつからここに来たんだろう
道はあったはずなのに

見上げた空を 彷徨った瞳
今は閉じたまま箱の中で壊れてく
あの場所にまた戻れるのならば
君の手を引き 浚うだろう

僕は忘れない 君を忘れない
離れた手も覚えているから

可能性を知る 後悔は紡ぐ
花は枯れて種を残しまた繰り返す
土に帰ろう あの日に戻るよ
君の頬に手をかけるため
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ワンダーアラウンド 歌手:鈴湯

鈴湯の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2014-02-26
商品番号:HMCH-1136
ハピネット

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP