この曲の表示回数 7,264
歌手:

石川智晶


作詞:

石川智晶


作曲:

石川智晶


僕の手がまだ力を持たないときに
授かったこの名前を
ごめんなさい 捨てたいと思ったこと何度もある

砂場でずっと掘り続けた山
夕方の匂い 片手の先にあったはずのバビロン
片方の視界塗りつぶしたように
いつしか自分の名前を演じるようになってしまった

僕はこの世界のGIFTとして
生まれたんだろうか そうだとしたら
この花摘んだときに地上から離される理由を
花に教えるような誠実さ絶え間なく伝えていく
GIFTを与える人になりたい

紙一枚に僕がしてきたことを
ひとつひとつ書いてみても 物語は満足しないもの
すべての善悪を両手に知ったところで
誰かを簡単に泣かしてしまう事だってあるだろう

僕はこの世界のGIFTとして
産声あげたその時はまだ
与えられた羽が重たすぎて無意識に泣いたよ
白い木綿の感触に包まれた瞬間
ただの子供になれた気がする
最初にもらったGIFTだ

僕はこの世界のGIFTとして
生まれたんだろうか そうだとしら
この花摘んだときに地上から離される理由を
花に教えるような誠実さ絶え間なく伝えていく
GIFTを与える人になりたい
それこそGIFTだ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:GIFT 歌手:石川智晶

石川智晶の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2014-10-08
商品番号:DDCZ-1967
SPACE SHOWER MUSIC

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP