試聴する

シベリアの女の子

この曲の表示回数 13,141
歌手:

indigo la End


作詞:

川谷絵音


作曲:

川谷絵音


頭の悪いシベリアの女性に会って
初めて交わした言葉は覚えてないや
夕方過ぎの時間が好きだと言った時の
振り向きざまの顔だけは覚えてたよ

きっといつかは忘れてしまうさ
あの顔もその声も
いつかは思い出すだろうか
そんなことを思っています

多分だけど肌の色は純白だった
声のトーンは高かったっけ?覚えてないや

きっといつかは忘れてしまうさ
あの顔もその声も
いつかは思い出すだろうか
そんなことを思っています

だけどね相変わらずさ
シベリアの景色が浮かんで
想像してみるんだよね
君がいた夕焼けの景色を
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:シベリアの女の子 歌手:indigo la End

indigo la Endの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2014-09-24
商品番号:WPCL-11989
ワーナーミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP