いつもひとりだった

この曲の表示回数 2,876
歌手:

秀吉


作詞:

柿澤秀吉


作曲:

柿澤秀吉


いつもひとりだった
僕たちはひとりだったんだ
家族や友達のとなりで
いつもひとりだった

きっと言葉なんていらないって笑ってたんだ
その手をつないでは離すたび
僕はひとりを思うんだ

教室の窓からあの日見てた夕焼けは
今もはっきり覚えてるよ
忘れてしまったのかい

一緒に笑うときや 話すとき 涙するとき
歌うとき 食べるとき 眠るとき
わかりあえたような ひとりじゃないような
そんな気がしたとたんいつもすれ違うんだ

いつか見に行った映画君も僕も泣いたけど
どこで泣いたか忘れたよ
おんなじところだったりして

あの時言葉なんていらないって笑ってたのは
おたがいひとりきりに気づいたから
もっと近づきたいと思ったんだろう

いつもひとりだった ひとりだったから
一緒に笑うときや一緒に涙できる瞬間を
これが喜びだと知ることができたのかな

いつもひとりだった
僕たちはみーんなひとりきりだったんだね
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:いつもひとりだった 歌手:秀吉

秀吉の新着情報

  • ホバー / ♪言葉が宙に舞ったまま
  • 風に吹かれて / ♪何の為だろうこんな言い訳
  • 明日はない / ♪僕たちに明日はない明後日も
  • 叫び / ♪僕らは強くなれなかった負けて
  • 潮騒 / ♪小さな頃に教わった未来波の

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

商品番号:LASCD-53
Lastrum

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP