試聴する

白、ひとひら

この曲の表示回数 4,888
歌手:

織田かおり


作詞:

磯谷佳江


作曲:

なるけみちこ


白く閉ざされた世界で
そっとあなたが微笑んだ

胸に降り積もる罪 溶けることなんて
決してないと思ってたのに ほどけてく

空から 舞い降りた ひとひらの 雪の欠片
自由を謳う 羽のようで
あたたかく 不器用な あなたの手 握りしめた
感じてる 確かな絆

白い時間(とき)を歩きながら
いつかあなたに恋をした

凍りついた心が 溶けてゆくたびに
頬をつたう雫になって あふれ出す

空へと 還りゆく ひとひらの 雪はまるで
あなたと生きる 夢のようで
冬の中 眠ってた ひたむきな 希望の種
芽吹く日を 待ち焦がれてる

優しさも切なさも 儚さも美しさも
永遠の白が あの日々がはぐくんだ
ふたりの 明日の花
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:白、ひとひら 歌手:織田かおり

織田かおりの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2014-05-07
商品番号:KDSD-702
ティームエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP