夜明けの足音

この曲の表示回数 3,482
歌手:

solua


作詞:

稲葉エミ


作曲:

セキタヒロシ


眠れない夜 秒針の音
冷蔵庫が虚空に唸る

ブラインド越しの月が
満ち欠けるようにいつかは
痛みは温もりに変わる

時の舟 どこへ流されても
めぐり逢えるだろう

傷痕から夜明けの足音
溜め息より密かに
新しい毎日が降りそそぐ
どんな空にも

壁の絵葉書 水槽のテトラ
音のないテレビが照らす

真夜中過ぎの雨が
乾いた花を潤し
置き去りの記憶を洗う

夢の櫂 明けない夜はない
静かに漕ぎ出そう

悲しみから生まれた優しさ
誰かに届くように
光射す今日の日を歩き出す
扉開いて

草木が目を覚ました
歌う鳥の声

傷痕から夜明けの足音
溜め息より密かに
涙にも笑顔にも舞い降りる
千の光

夜明けの足音
溜め息より密かに
新しい毎日が降りそそぐ
どんな空にも
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夜明けの足音 歌手:solua

soluaの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-11-23
商品番号:LACM-4231
ランティス

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る