試聴する

霧のソフィア

この曲の表示回数 17,488
歌手:

THE ALFEE


作詞:

高見沢俊彦・高橋研


作曲:

高見沢俊彦


冬の星座がササヤク こんなせつない夜は
想い出すあのクリスマス・キャロル
涙で吹き消したキャンドル
時に若すぎた愛は ナイフのように
互いを傷つけ合ったけど
ソフィア 忘れられない 霧の夜踊ったラスト・ダンス
ソフィア 淡いくちびる 震える指で 感じたのさ

燃えるような恋だった 夏の太陽のように…
抱きしめ合ったぶんだけ 辛すぎたんだ“サヨナラ”
夜明けのフリーウェイとばし
月明かりのくちづけ あの日は戻らない
ソフィア 忘れられない 霧の彼方消えていった君
ソフィア 甘いぬくもりが 今でも胸をしめつける

街路樹が泣きだすように
また冷たい冬が来る だから…
ソフィア せめてもっと深く 愛を二人確かめ合えれば
ソフィア 涙の雫も 虹に変えられたはずなのに
ソフィア 忘れられない その瞳その長い髪
ソフィアもう一度だけ この胸に抱きしめたい
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:霧のソフィア 歌手:THE ALFEE

THE ALFEEの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1990-10-17
商品番号:PCCA-00164
ポニーキャニオン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP