試聴する

マリの回想

この曲の表示回数 11,260
歌手:

indigo la End


作詞:

川谷絵音


作曲:

川谷絵音


今日も洗濯をしながら聴くのはトムヨークの声。
何にも考えなくて済むこの時間が好き。

あの頃は私の全ては音楽だったし、ピアノが私そのものだった。
歌うことも大好きだった。

でも、いつからか私は音楽になれないことに気付き始めた。
魔法が解けてしまった と、そう思った。
総司と結婚したのもちょうどその頃。私は幸せだった。

眠れない夜、総司の枕元に転がっている鞠を触りながら
何となくメロディーを口ずさんだ。
「私は無敵だ。」
そう思った。何故だかはわかってる。
夜に魔法をかけられたから。

私は鞠をそっと元の枕元に戻した。
私は乱暴には扱わないからね。
誰かが「ふふっ」と笑った気がした。
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:マリの回想 歌手:indigo la End

indigo la Endの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2013-02-06
商品番号:PECF-3038
SPACE SHOWER MUSIC

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP