クヴァンデルの肖像

この曲の表示回数 4,371
歌手:

D


作詞:

ASAGI


作曲:

Tsunehito


ねぇ お母様 私の髪を梳かして
鏡越しに見える金細工の櫛

欲しいだなんて思わなければ良かった
形見として今は私の手に眠る

深紅のドレスを纏い蝶となっても
同じ様には踊れない

ねぇ お父様 私に聞かせてほしい
物語の続きは語られぬままで

天蓋の中で小さな私は
二度と来ない明日を待った

誰も知らぬ真実がある 私の血がざわめく
錆びた錠は開かれるでしょう 鍵となる私は扉へ

手を引かれ笑っていただけの私
燃えてしまった肖像画は戻らない
この世界のどこかで生きていると
願いは今 確かなものへと変わってゆく

向けられた笑みに偽りはないと
信じられる 私なら

灰の中に埋もれた秘鑰(ひやく) 時はまた動き出す
闇を照らす炎の弓矢 刻まれた紋章が光る

追えば消えるような気がしていたけれど
目の前にいるあなたともう離れない

抱き寄せて その胸で包み込んで
声を上げて思い切り泣いてもいい?
この命 守る為に犠牲となった
私ばかり苦しいと思っていた
科せられた裏切りの汚名を晴らし
もう一度愛を描く為に炎は集う
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:クヴァンデルの肖像 歌手:D

Dの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2014-03-26
商品番号:VICL-64158
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP