彷徨の果て

この曲の表示回数 3,531

月影 響いた 静寂漂う心
揺ぎを知らないこの胸 咲いた波紋

偽りなら夢の華 散りゆくだけ そっと…

彷徨の果てに見た景色が 凍える心溶かしてゆく
振り返ることさえ要らないほど
君を求めて ここで出逢う瞬間(とき)までは

孤独が流した 優しき一縷の涙
背負った過去から 解いてくれるようで

晴れることない深い霧 君の姿 探す

永い夜を越え 辿り着いた 朝日に抱かれ眠るように
安らぎを感じて その愛に触れていたいだけ せめて 夢の中だけは

祈りが届くのなら 君を愛したい
許されざる罪と知っているのに なくせない この想いは

永遠に繋がれた運命(さだめ)を 今 脱ぎ捨てて 君に捧げよう
刹那でもかまわない その肩抱き寄せられたら

彷徨の果てに見た景色が 凍える心溶かしてゆく
振り返ることさえ要らないほど
君を求めて ここで出逢う瞬間(とき)までは
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:彷徨の果て 歌手:霧谷玲司(置鮎龍太郎)

霧谷玲司(置鮎龍太郎)の新着情報

  • 新着歌詞がありません

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2014-03-26
商品番号:LACA-15377
ランティス

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP