SILK

この曲の表示回数 5,459
歌手:

千堂あきほ


作詞:

手塚千鶴


作曲:

中崎英也


知らないシャツが きみの窓揺れる
まわり道して 忘れようとする
いつものことと 想ったけれど 今日は痛い
嘘をつけず 瞳そらした

細い細い糸で きみをつむぎつづけてた
SILK きみを 死ぬまで好きでいたかった

雲も溶けてく 澄んだ青い空
あと一度だけ KISSしたい気分
大丈夫って言ってみたら もっと 泣きたくなる
きみの胸に さよならあげる

まるい月 見ながら ふたり夜道 歩いたね
光る星が 覚えていてくれるよね

薄い薄い糸で きみを夢見るたびに
やっと逢えた そんな気がすこししてた

なによりも一番 大切にしていたから
SILK ここで きみに小さく手を振る
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:SILK 歌手:千堂あきほ

千堂あきほの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1993-12-10
商品番号:WPCL-805
ダブリューイーエー・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP