ハイヌーン・ファンタジー

この曲の表示回数 3,445
歌手:

石田ひかり


作詞:

来生えつこ


作曲:

都志見隆


ほんの偶然から 知らない町
バスの路線図 間違え たどりついた
郵便局の前 赤い犬が
眠たそうに あくびしてる 日盛りの道

どこか 迷子気分を
楽しんでるわ 不思議な 夢みたい

少女みたいに ときめく胸に真昼の日ざし踊る
素敵な誰か 私をずっと待ってるみたい
So thrilling

涼しい口笛が 聞こえてくる
木陰抜けて 見える影は まぼろしかしら

まるで 初恋みたい
照れた瞳を おたがい 交わし合う

少女時代に 時計は戻りのどかな町の景色
一瞬だけで 感じた二人小さい頃の
あなたかも

遠くからバスが見えて 陽炎
かすむ 真昼には 全てまぼろし

それでもいいの ときめき胸に残って日ざし踊る
それでもいいの 見知らぬ町で見果てぬ夢と
それでもいいの ときめき胸にせつなくしまう真昼
それでもいいの 見知らぬ町で出会えた夢は
So thrilling
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ハイヌーン・ファンタジー 歌手:石田ひかり

石田ひかりの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2013-12-11
商品番号:TECH-30367
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP