あとがき

この曲の表示回数 27,187
歌手:

amazarashi


作詞:

秋田ひろむ


作曲:

秋田ひろむ


通りすがる風景に 秋の陽はなんだかやけに鋭利
日常は徐行ぎみ 恐る恐る生きる意味
まるで酔っぱらいの世迷い言みたいに
口をつく苛立ち 弱音装う自己顕示
現実 妙に馴れ馴れしい あんたと上手くやれそうにないし

人の評価に怯え 孤独な夜は底冷えする様に事切れ
もうやめた 諦めた で終わる一日に募る焦りは
「いってらっしゃい」 生返事とあくびで答える君の笑顔には
なんとか報いたいと思う 心に密かに明かり灯る

東京 東京 どうか僕だけを選んでくれないか
ほんとどうしようもない 安ホテルで不甲斐なさに泣いた
酩酊して笑い合う 分かち合う 価値だけ続いてくれれば
明日もまた笑顔で帰れる

「ただいま」

詰まるところは 明日を知る なだらかな日々につまずいて
向かうところは ありもせず 未来の居場所だって未定
詰まるところは 明日を知る なだらかな日々につまずいて
(九月九日 夏惜しむ、蝉時雨の只中にて)
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:あとがき 歌手:amazarashi

amazarashiの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2013-11-20
商品番号:AICL-2605
SMAR

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP