数えきれないさよなら

この曲の表示回数 5,390
歌手:

愛美


作詞:

森由里子


作曲:

Yu-pan.


春は桜の並木道で
秋は落ち葉の舞う丘で
過ぎた日の記憶 楽しいほどに 深く
今を傷つける いない君を呼んで

夏の西陽のような想い
冬に降るはずの雪が音をたてて
閉ざされた季節 時間(とき)は鼓動止めた

幾千回も「会いたい」
願うたび 絶望が私を連れ戻す
ただ 会いたい
その未来 信じたくて
もう一度叫ぶ 会いたい。

君とお茶した古いカフェ
消えて 新しいビルができた街は
何もなかったように急ぐ 誰も明日へ

数え切れない「さよなら」
きりがない独り言 見えない手紙
ああ さよなら
分ってる 会ったって
あの日の君には 会えない。

幾千回も「会いたい」
願うたび 絶望が私を連れ戻す
ただ 会いたい
捜しもの 忘れもの
希望と呼ぶもの

もう「さよなら」
きりがない独り言 見えない手紙
ああ さよなら
分ってる 会ったって
あの日の君には 会えない。
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:数えきれないさよなら 歌手:愛美

愛美の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2013-11-06
商品番号:PCCG-01368
ポニーキャニオン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP