試聴する

Winter March

この曲の表示回数 19,749
歌手:

KEYTALK


作詞:

寺中友将


作曲:

寺中友将


かじかむ両手全ての 始まりを告げてくよ
月も濁る夜に 触れ合う指先
伝わる 鼓動は君と夢の間

そこには並べた 言葉の曖昧な台詞と
音の無い夜に 創られる 現実を 泳ぐ様に
ただ僕は 明日を造っていく

冷たい空にため息は白く
溶けていくよ いつもこの季節は 優しく笑うよ
七色の街に 降り注げ白く
染めていけば 人は足を止める 時を止めてよ
その眼差しで

とめど無く 滲む傷はもう 言葉を欲しがらない
それは時に 僕を 締め付けるように 痛みを与えて
二度と 離さないのか

忘れていくのは 君のせいでしょ
嘘を重ねたのはねぇ 君のせいでしょ
ねぇねぇ きっと
覚えていくのは 君のせいでしょう

そして朝日が照らし出す頃に
瞬きも忘れ夢の中へ 入っていくのさ
少しの強さと少しの弱さで見守るよ
いつも淡い声で世界を撫でてよ
その眼差しと
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Winter March 歌手:KEYTALK

KEYTALKの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2013/11/20
商品番号:VICL-36853
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP