試聴する

呪われた姫君~忘却のレムルローズ~

この曲の表示回数 5,748

(第一楽章)
Rem le woe, Rem le mea fatrauwa le ze nelu mirya.
(私が見てきた、知り得る過去を語ろう)

Malice le arie le arue, REMLEROSE le ralie.
(魔女の詩の存在、そしてこの国を襲った悲劇を)

豊かな緑溢れる国 真紅の薔薇は民の証
若き領主フロンザック 幼き姫君アンダルシア
仲睦まじく暮らしていた

Arie le harzi le vilte le noh wariz.
(永遠の幸せを信じる人々)

“Erre virrla!”
(今この刻よ、万歳!)

Vilte le woe.
(人々は云う)

“Rem la noh vaztw. Wize vaize le arue”
(美しき領主たちがいれば何も恐るるに足らずと)

父の形見 想い受け継ぎ
揺れる民の心束ねた
聡明な兄妹を慕う者達は多く
穏やかで平和だった日々

突如国を襲った 血を失う流行病(やまい)
死神の鎌に狩られる犠牲者(ひと)は途絶えず
絶望の嵐の中 真相を掴んだ領主
「これは病ではない。 森に巣食った魔女の呪いだ」

(第二楽章)
朱い月の夜 深い森の中
誘う歌声辿り進む
左手に薔薇を刻む騎士の盾
右手には銀の剣携え

森の館で迎えた主(ぬし)は
朱い瞳と闇色の髪
絶世の美貌 狂気の微笑
隠した牙が領主を狙う

「我が民苦しめ、呪うはお前か!」

襲い掛かった魔女は突然
苦しみやがて老婆の姿に
毒と怒りに塗れた彼女は
謀った彼の大切な妹を奪いに城へ

Rem le marie-Fem la hinare!
(我が眷属、霧となれ)

Fronzak la mea haria...
(憎き愚かなフロンザックよ…)

Rem le marie-Fem la mirya!
(我が眷属、見ているがいい!)

Nere Malice la Andalucia...
(お前の可愛い妹を(アンダルシア) 、 私の新しい身体にしてやる…)

(第三楽章)
戻らない兄の帰還を待ち続ける姫君
その首に魔女の呪いの刻印(しるし)が浮かぶ
死を纏う絶望から救う薬があると
訪れた老婆が手渡す血の杯

その身侵された姫は 朱の月に血を求め
記憶全てが消える最期の日 魔女に呑まれる

(第四楽章)
悲しみの雨が降る 葬儀の朝
亡き少女は棺に眠る
せめてもの餞に 愛していた
彼女の名の薔薇を敷き詰めて見送ろう

Fem la roze arlie. Rem le roze.
(私達の薔薇よ、永遠に)

「ああ、哀れな姫君よ、どうか安らかに――」
空に響く鎮魂の歌

不意に黒く枯れる薔薇 開いた瞳は朱く
逃げ惑う人を喰らう その姿は「魔女」のもの
やがて城から消え去る人の気配
その地に残されたのは――

呪われた姫を救うのは誰…?
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:呪われた姫君~忘却のレムルローズ~ 歌手:霜月はるか

霜月はるかの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2013-10-09
商品番号:FFCV-21
フロンティアワークス

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP