終焉の魔法、終天の真意。

この曲の表示回数 8,268

────書物曰く。

蔦に絡まれた、この城の地下に在るという部屋に
魔法の根源である、“結晶”の中、貴方がいる。

[もしも君が、彼を助けたい、と、そう願うなら、“覚悟”をして]

どれ程の絶望を抱え、ここで一人。
私の為、死んだのでしょう。

何を犠牲にしても。
貴方だけは、私が助ける。

暗く寒い階段を降りてその奥に進んで行くと、
青白い光を帯びた銀色の大きな扉が。

[扉に触れ、大切な物を捧げた先には、“願い”が待つ]

扉に触れると誰かの声がして

≪“総て”を差し出せ≫と、言った。

────私は頷き、願いを伝えて、“総て”を失う。

“結晶”から放たれゆく貴方は私の腕の中で眠る。

「彼を蘇らせた後に、彼の中から私の記憶を消して。」

“わたしのいないせかいで、しあわせになって”

あなたに、まだ、きこえていますか、このこえが。
きえてしまっても、さけぶよ、あなたを、あいしています、と。
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:終焉の魔法、終天の真意。 歌手:春奈るな

春奈るなの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2013-08-21
商品番号:SECL-1380
SME

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP