SIGNAL

この曲の表示回数 6,055
歌手:

和泉元彌


作詞:

石井竜也


作曲:

石井竜也


その夜5度目にかけた電話は
君の部屋に鳴りつづけてた
開けられた窓の闇の中で 煙草の火が揺れる
殴られた頬の熱さを抱きしめ
自分の愚かさにあきれて
なぜ「サヨナラ」と言えてしまったのかを 悔やんでる
夢にまで見る女(ひと)だったのに 恋は残酷だね
その髪も瞳も肌の白さも
胸に熱く感じてるはずなのに

愉快な日々を過ごしていたのは
ただ一人俺だけだった
その陰で泣いてた君がいたなんて
気付かないで

日差しをさえぎるような仕草で
いつも眩しげな目をしてた
それが心の痛みを隠す SIGNALだったのか
不確かな愛を求めることが
君には耐えられなかった
ただ夢しか見えなくなってた 俺が馬鹿だね
「君は人である前に女」 それを忘れていたみたい
不安は愛を見失わせて
迷い 嘘をついて傷つくもの

愉快な日々を過ごしていたのは
ただ一人俺だけだった
その陰で泣いてた君がいたなんて
気付かないで

戸惑いながら 口づけをした日々 oh no no
抱き合いながら 瞳の奥を探る baby

「愛してるか」と聞けば「好きよ」
と言う oh no no
君の煙草の数が増えていたあの頃
歌のようにはいかないね 恋はうつろう風

灯りを消した部屋の窓には もう愛は咲かないのか
受話器を耳に軽くあてながら
外をぼんやり眺めてため息
君のmansionの前のtelephone-box
曇るglassの向こうには
いつもと変わらぬ街の灯りと
二人のSIGNAL 心のSIGNAL
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:SIGNAL 歌手:和泉元彌

和泉元彌の新着情報

  • 新着歌詞がありません

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2001-11-21
商品番号:TECE-12261
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP