試聴する

煌く星の病

この曲の表示回数 6,426

──「煌く星の病」──

紺碧の中。眼球、夜が映る。
増殖する、星型の模様。
薬師の顔が歪み、語る。

「あの子を助ける事はもう出来ない。」

降り注ぐ。
満天の星が、呪いを掛けた。
きみよ。総てを失っても、
ぼくはきみを助けると誓う。

────古く伝わる奇譚に、
願い叶える「魔法の城、真実の書物」の話。

手の施し様が無い病。
きみを助けるとぼくは誓ったんだ。

ぼくは森へ
魔法の城を探しに行った。
後戻り出来ないくらい、
深い場所に迷い。
やっと見つけた、その場所で
真実の書物は語った。

「その魂をよこせ。さすれば、
お前の願いを何でも叶えてやろう。」と────。

“ふかいもりのおくにあるおしろには、
ぼくの、しるした、しんじつ、が、ねむる”
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:煌く星の病 歌手:春奈るな

春奈るなの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2013-05-15
商品番号:SECL-1313
SME

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP